管理人はパソコンやスマホを見ない日はないくらいなので、ずっとホットアイマスクが気になってたんですけど、ちょっと高めな値段をみては「また今度でいっか・・・」とスルーする日々でした。

めぐりズムのパッケージ画像しかし、眼精疲労のような目の疲れは放っといても劇的な改善も見込めそうにないので、ついにはホットアイマスクの効果を期待して買ってきました

これです。

実際に使ってみよう!

これ、5枚入って500円ちょっとなので、一枚あたり100円くらいします。
決して安くはない買い物なので、これで効果なかったら・・・

ランチ一回抜く位の覚悟でしょw

まあ、それは冗談としても、それなりに高いのは事実。
最低でも、払った価格に見合うだけの効果は欲しいところですよね。

では、さっそく使ってみます。
箱を開けると、個別に包装されたホットアイマスクが5個入っています。
蒸気でホットアイマスクの個別包装

別に過剰包装っていうワケじゃないです。
携帯カイロといっしょで、開封するとすぐに暖かくなってくるので、1個ずつ個別のパッケージにしておく必要があるんです。
しかも、カイロと違って何時間も持続するものではなく、たった10分かそこらしか持続しないので、本当に使う直前に開けるくらいで丁度いいと思います。

いざ!開封!!

では、さっそく開封してみます。
これが取り出したホットアイマスク。
取り出しためぐりズム
めぐりズムの表面
こちらが表面ですね。
パープルのチェック模様になってます。
まあ、つけてる本人は見えないので、果たしてこの装飾が必要なのかどうかはちょっと疑問ですけどね(^^;;
なんなら無地にして、その分安くしてもらった方が嬉しいくらいです。

で、こっちが眼に当てる方の面です。
目に当てる方の面
そして、この部分を耳に掛けてメガネのようにして使用します。

こうして写真撮ってる間にもすぐにあったかくなってきました。
当たり前だけどホットアイマスク使ってる間は前が見えないので、音楽でも聴きながらゆったりすることに。
確かに目があったまってきます。
そして段々と気持ち良くなって眠くなってきます。

眠くなるくらいなので、程よくリラックスしてるのが自分でも分かりますね。
温度も暑過ぎずぬる過ぎず、ちょうどいい具合の温度感です。

ただ、温まる範囲がちょっと狭いかなと思いました。
管理人の疲れ目は、眉毛のある骨のあたりが凝ってくる感じなんですが、そこには当たらず眼球全体があったかく感じるくらいの面積です。
まぶたを温めてるみたいな感じです。

それでも、約10分後にアイマスクを外した後は目の周りが蒸気でしっとり濡れてほのかに暖かく感じます。

これで一個当たり100円の価格に見合うかどうかは微妙ですけど、確かにリラックス効果はありますね。

で。
これとは別に、もう一つ気になるホットアイマスクがあるんです。
Amazonのレビューもかなり高い商品で、しかも使い捨てじゃなくて繰り返し使えるみたいです。
次のページでは、そのホットアイマスクについてもレビューしていこうと思います。