20代男性

いつ頃から眼精疲労・疲れ目の症状に悩んでいますか?

現在の会社に入社してから2年が経った頃、退社後に以前と比べて目に疲労感が残っている事に気が付きました。
車での通勤なのですが、帰り道に対向車のライトが眩しく、あまりに酷い時には路肩に車を停めて休憩をしてから自宅に帰宅した事もありました。

その眼精疲労・疲れ目は具体的にどのような症状ですか?

光に対して敏感になってしまい、目の奥がジンジンと痛みます。

症状が軽いときは生活にそれほど影響は無いのですが、症状がひどい酷い時は頭痛や吐き気といった症状が出てしまい、頭痛の影響からか熱ぽっくなったり、鼻水が出たりと間接的な影響も受けている様な気がしました。

それを緩和するために、どのように対策しましたか?

仕事環境を変化させることが第一の対策でした。

私は仕事で長時間パソコンを使用するのですが、後ろが直ぐに窓になっており、日光がパソコンのモニターに反射することで目に負担が掛かっていたのが疲れ目の原因だったと気が付いたためです。

上司に相談して日光が入らない様に日よけ様のシートを窓に設置する事で日光が室内に入りすぎない様に対策を取りました。

第二の対策としてがブルーライトを抑える眼鏡を着用することです。
長時間のパソコンの操作はモニターから出るブルーライトの影響と聞いたので勤務中はパソコン用の眼鏡を着用することにしました。

その対策をした結果、改善または変化がありましたか?

パソコンに反射する日光を抑えることで光に敏感になるということが無くなり、退社後の車の運転も安心して行う事ができる様になりました。

また、パソコン用の眼鏡を着用して業務を行う事で、吐き気や頭痛の症状が以前と比べて減り、度々悩まされていた症状が最近ではほとんど見られなくなり、実践してみてよかったと思っています。

管理人も実感している対策方法

疲れ目から眼精疲労に発展して、まぶたがピクピクしたり眉間が重くなっていた管理人。 さらには頭まで痛くなってきたので、ホットアイマスクを毎日使ったところ、随分と楽になりました。
最近では、ホットアイマスクだけでなくビルベリーのサプリも併用して、疲れ目対策をおこなっています。 そんな、管理人の「ホットアイマスク + ビルベリーサプリ」についてはコチラ