30代女性

いつ頃から眼精疲労・疲れ目の症状に悩んでいますか?

20代の頃から疲れ目の症状に悩んでいます。もともと視力はあまり良くなかったのですが、パソコン作業が主な仕事の会社に就職して、毎日パソコンの画面を見るようになってから近視が進んでしまい、毎日のように疲れを感じるようになりました。

その眼精疲労・疲れ目は具体的にどのような症状ですか?

目の奥や眉間が痛んだり、肩が痛んだりが主な症状です。
ひどい時は眉間から鼻に沿うように神経が痛んで、顔を動かすと痛みます。

視界自体も光を見たあとのように残像がひどく、目を開けた瞬間に少しブレて見えています。

それを緩和するために、どのように対策しましたか?

近眼になってからずっとワンデイタイプのコンタクトレンズを使っていて、仕事中もそれで通してきましたが、医師の勧めでやや度を落とした眼鏡を使うようになりました。

仕事以外の時はできるだけ遠くを見て、温めたタオルを眉間に当てて緊張をほぐしています。

その対策をした結果、改善または変化がありましたか?

何ヶ月かに一度は、ほぼ必ず角膜炎になって通院する、というのを繰り返していましたが、それが無くなりました。
目や肩の痛みも、完全に無くなってはいないですが、以前ほどひどくなくなって自分で軽くマッサージをすれば解消されています。

管理人も実感している対策方法

疲れ目から眼精疲労に発展して、まぶたがピクピクしたり眉間が重くなっていた管理人。 さらには頭まで痛くなってきたので、ホットアイマスクを毎日使ったところ、随分と楽になりました。
最近では、ホットアイマスクだけでなくビルベリーのサプリも併用して、疲れ目対策をおこなっています。 そんな、管理人の「ホットアイマスク + ビルベリーサプリ」についてはコチラ